日本語 English 中文
女川のうまい!を世界へ。/ 鮮魚販売・水産加工・冷凍品製造販売・CAS凍結 ほたて・さんま

鮮冷CAS FRESHシリーズ

三陸女川の豊かな海の恵みを、CAS(*)凍結加工により旨味を閉じ込め、長期保存を可能としました。CAS装置とトンネルフリーザーの組合せによりCAS FRESH製品の大量生産が可能となりました。更にはパッケージ等の工夫により、お客さまの抱える潜在的な課題を解決できる商品となっており、国内外問わず多くのホテルや料理店で高い評価をいただいております。
*Cells Alive System

▼ 商品リーフレット・資料等はPDFファイルでダウンロードいただけます。下記ページをご利用ください。

CAS凍結加工とは?

通常の急速冷凍装置で凍らせた食品は、氷晶の膨張による細胞破壊が避けられず、解凍時には「ドリップ」として水分とともに旨味や微量成分が流れ出てしまいます。CAS凍結は、特別な技術で水分子を振動させて氷晶の膨張をふせぎ、表面から中心部まで温度を均一に近づけた状態で凍結し、細胞組織を破壊せずに獲りたてのおいしさをそのままに保ちます。

CAS FRESHはCAS凍結加工を施した商品のうち、安全性と美味しさを極めた商品にのみ与えられる最高品質の証です。
cas
鮮冷CAS FRESHは、三陸の新鮮で豊かな水産資源を、最新設備により最高品質「CAS FRESH(キャス フレッシュ)」で提供する食材商品シリーズです。世界で初めて実現したCAS装置とトンネルフリーザーの組み合わせで、品質と生産力の両面から国内外に向けて自信を持ってお届けいたします。

味香り戦略研究所による比較分析結果

味覚を数値化・分析するコンサルタント企業、「味香り戦略研究所」による分析によると、CAS凍結法を使用したほたて貝柱は、一般冷凍のほたて貝柱よりも全体に味が強い結果となりました。

cas

細胞が壊れにくいCAS凍結法では、細胞が壊れにくいため、うま味呈味成分だけではなく、その他の成分の流出も少ないことがその可能性として考えられます。CAS凍結を使用した「鮮冷ほたて貝柱」は、品質にご納得頂いた国内外の寿司店や大手ホテルチェーン、料飲店などでもご利用いただいております。
2016年、新たにさんまについても、水揚げされたままの鮮度と旨味をいつでも再現できる「CAS FRESH(キャス フレッシュ)」クオリティをフィレでご提供する新商品を販売開始いたしました。凍結することでアニサキスなどの問題も解決され、鮮度と味がよいばかりではなく、より安全で使いやすい食材として高い評価を頂いております。

確かな品質をもっと使いやすく。食の現場の「課題解決型」商品

鮮冷CAS FRESHは、CAS凍結によって保持された鮮度そのままに提供しやすくするために、トレーシーラーやフィレマシンなどの工場設備を活用し、使いやすいパッケージや食品形状での商品化を行っています。

鮮度が重視されるさんま等の青魚も、下処理をすませたフィレの状態を使い切りサイズでパッケージ。切り分けるだけで、料理はもちろんそのままお刺身として提供できます

  • 旨味を保持したままで長期保存
    生の食感と旨味はそのまま。気候や出荷状況を気にせずに高品質な食材を量・価格ともに安定して計画的に確保できます。

  • 使い勝手のよいパッケージ
    使いたいときに使いたいだけ。お客様のご注文に応じて必要な分を解凍して使える、保存しやすく扱いやすいオリジナルパッケージです。(特許出願中)

  • そのまま使える加工形状
    港に揚がった鮮度そのままの素材をすぐに使える形状まで加工してからCAS凍結。調理の手間を省いて忙しい調理場の人員不足も補います。


製品ラインナップ

鮮冷ほたて貝柱

垂下式で養殖する三陸のほたては貝柱が大きく、肉厚でうまみたっぷり。そのほたてをCAS技術で凍結することで、旨味を保持したまま長期保存が可能になりました。

鮮冷さんま刺身

旬の秋に、女川漁港で水揚げされた肉厚で活きのいいさんまを旨味そのままにCAS凍結しました。あらかじめフィレに加工してあるのでそのまま調理できます。

鮮冷さば刺身

三陸の海の恵みをたっぷりと受けて育ったさばを、活きがいいままでCAS凍結しました。凍結をしてあるのでアニサキスの心配もありません。あらかじめフィレに加工してあるので、そのまま調理できます。

鮮冷しゃぶしゃぶわかめ

三陸で今シーズン一番に獲れた肉厚で弾力のあるわかめを、CAS 凍結加工で「鮮度」と「旨み」を閉じ込めました。解凍しても、生の味わいそのままの美味しさがお楽しみいただけます。

Top